無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
北京の初夏!〜スイカ派?orビール派?〜

 北京の夏の名物といえば“スイカ(西瓜)”。強い日差しと乾燥した空気の中で食べるスイカが如何に美味しいかということは、この地で生活すれば誰でも納得できるはず!水道水が飲めないこの土地で、安心して水分が補給できて、口の中も爽やかさっぱりさせてくれるのがスイカ…。要すれば、北京のスイカは必然から生まれた文化に違いない!

 が、やっぱり日本人にとって、夏の喉の渇きを癒してくれる欠かせない文化といえば“冷えたビール”だな〜。そうそう、中国で生活する上で大事なのは、ビールの前に被せられる形容詞“冷えた”という一語。先日も中国の友人との食事の席でビールを飲むことになって、最初は2人で1本程度と思っていたのに、いざビールを注文する時になって、チャイニーズグルマン「冷たいの!」、中国人の友人「常温の!」??? 結局同じ銘柄のビールを飲んだのに、1本は冷えたもの、もう1本は冷えていないもの…。何とも変な気分だった。

 別のある日、日本人数名が参加した会社の宴席でのこと。日本人慣れした中国人スタッフがウエイトレスに対して何度も何度もビールが冷えているのを確認していた。日本ではビールといえば冷えているのに決まっているけれど、ここはそうでもないからな〜。日本人の面倒を見なくてはならない中国人スタッフも結構大変だ!

 文化の違いはあっても、やっぱり北京の夏には(スイカだけでなくて)ビールも必要!燕京ビールと北京ビールの争いでは、北京オリンピックのスポンサーでもあった燕京ビールが圧倒的市場シェアを占めているけれど、季節はまだこれから、日本の某社も投資している北京ビールも頑張ってね!

 中国では、地方毎に“地ビール”があるのも出張の楽しみだな!次はどこのビールを飲もうかな?

| natsumi | 日常の発見 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://haochichina.jugem.jp/trackback/332