無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
北京の中軸線を南北に駆け巡る!〜緑豆餅・什刹海・鼓楼〜

初夏にもなると満福楼でしゃぶしゃぶランチという感じにもならないし、そのまま北に向かってテクテク…。でも、代わりに小腹を埋めるためのお土産をしっかり購入!地安門内大街から地安門外大街に名前の変わる、地安門東大街との交差点にある間口1mほどの小店“緑豆餅”で季節の銘菓「緑豆餅」を購入。17元で、半斤単位での販売ということで4.3元を払って4個包んで貰い、再び寄り道的に什殺海地区に歩を進める…。
 什刹海地区では、羊焼肉の老舗烤肉季飯荘の前を通り過ぎて、有名な銀錠橋の上から池を囲むように低く垂れ下がり風にユラユラ揺れる柳をバックに記念撮影。やはり、北京の中でも空がぐっと広がるこのエリアは市内でも殊更開放感を満喫させてくれる。ここでビックリさせられたのが、烤肉季飯荘北側に広がる煙袋斜街の変化の大きさ…。少し前にきた時はまだ工事中だったのに、今や立派なお土産・カフェなどが集中的に立ち並ぶ小道になっていた。本当に変化は早いな〜。

そして、いよいよこの日の散策もクライマックスの瞬間を迎え、15時半頃に鼓楼・鐘楼に到着。輪タクおじさんの客引きを振り切って、最後に地下鉄2号線鼓楼大街駅に到着したのが1545分のこと…。

 お疲れ様!今日は、全部でどの位の距離を歩いたのかな?このまま北上を続けたら、オリンピック会場にもなった鳥の巣・水立法にも繋がるけれど、流石にそれは遠過ぎるよね〜。途中の路程も退屈しそうだし、内城・外城の外側という整理もできるし、これで完走ということにしようっと!帰宅してから、お土産に買った「緑豆餅」を新茶のお供に食したことは、言うまでもない。あ〜、幸せな1日!

| natsumi | 市内散策 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://haochichina.jugem.jp/trackback/331
2009/09/04 5:53 PM posted by: 北京のダーシーって誰よ!ブログ(Blog)
160年の歴史を持つといわれる烤肉季(焼肉季)。 焼肉を食べに行ってきました。 このお店、最近のガイドブックではあまり見かけなくな...