無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
永金面館〜超素朴なお店の炒めた猫耳!〜

言葉はちょっと悪いけれど、外見的にはかなり小汚い居酒屋が数軒固まって並ぶ一帯に店を構えた、これまた小汚い山西面料理のお店が永金面館。地下鉄10号線の亮馬橋駅から亮馬橋路を東に真っ直ぐ10分程歩いた左手、カナダインターナショナルスクールの正面辺りに位置する。

刀削麺の美味しいお店と聞かされて足を運んでみたのだけれど、店内に並ぶテーブルや椅子は確かに安っぽいけれど、この日の最初の夕食客ということなのか、店内は一応綺麗に掃除されていて好感が持てた。“晋”のマークが目印のこのお店で少々困ったのが、メニューが全て漢字のみで記載されていて、写真等が一切ないこと…。山西料理のメニューなど元々よく知らないだけに、文字だけ眺めていてもなかなか料理のイメージが浮かんでこない。頭に入ってくるのは、いわゆる家常菜的メニュー(宮爆鶏丁・木須肉・炒鶏蛋西紅柿・回鍋肉・魚香茄子など)ばかりで、昔、学食で良く見掛けた懐かしのメニューのオンパレード。最近の気取った流行レストランではすっかり見掛けなくなった素朴物。

まあ〜、そうは言っても折角山西料理のお店に来たのだからと、通称“猫耳”パスタと大蒜の芽・木耳・玉葱・玉子・豚肉を炒めた過油肉炒猫耳(15元)を一皿注文。有名な山西黒酢をベースに味付けられたこの料理はなかなかグッドだった。もう一方の料理は、土豆片栲栳栳(18元)で、こちらは薄平パスタとピーマン・ジャガイモ・長葱・唐辛子を一緒に炒めた料理。炒めたジャガイモの香ばしさは良かったけれど、2品ともに炒めパスタ料理となってしまったのは、メニュー選び上のミス。

ビール15元も追加して超のんびり!夜一杯飲んだ後でラーメン屋に立ち寄って小腹を膨らますノリで立ち寄るのも悪くないかもね!

| natsumi | 番外食事体験 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://haochichina.jugem.jp/trackback/326