無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
黄花城水長城旅遊区◆楚紊紡を突っ込む長城〜
 旅遊区に入場したら、次はどうやってどこから長城に登るのかな?ということになるのだけれど、遠く長城は見えども、その上を歩いている人の姿は見られない。東・西コースのうち、池に沿ってぐるっと周わる西コースを選らんで歩き始めたけれど、結局40〜50分間、中央の“半島”までの間に見られたのは、魚を網ですくったり花木を見たりと、自然を楽しむ人々の散策姿ばかり…。“半島”から先では、オレンジ色のジャケットを着てボート遊びを楽しむ姿も見られ始めたけれど、結局、長城への登り口は見つからず…。
 長城が池の中に潜っている場所があって、そこが写真スポットになるかな〜。その他には、基本的にこの旅遊区は長城を見ながらハイキング・散策を楽しむ場所で、実際に長城の上に登って歩くことはできないので、長城そのものを目的に行くのだと、ちょっと物足りないかも…。まあ〜、北京とは思えない「緑の豊富さ」が最高の贈り物ということで、命の洗濯をするには良い場所。途中で天気も回復し、日光が強くなると、青空と新緑のコントラストが強まり、美しさは一層増した。
 10時55分には帰路のバスに乗って、懐柔ではまたまた“快車”が来てくれたので、13時過ぎには順調に市内に到着して、半日郊外散策は終了!

downラブもっと北京の最新情報を集める!桜
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
| natsumi | 日帰り郊外散策 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://haochichina.jugem.jp/trackback/324