無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
文宇奶酪店〜“一目惚れ”に胸一杯!〜
 北京ならではの“宮廷奶酪”のお店として人気なのが、文宇奶酪店(住所:東城区南羅鼓巷49号)。地下鉄5号線の張自忠駅から徒歩圏内にある、若者・旅行者が集まる小物屋・喫茶店が沢山軒を連ねる小道にあるお菓子屋さん。
 前回、“中国チーズ”の奶酪を食したのは三元梅園。そして、今回、3度目の正直ということで、漸く文宇奶酪店で奶酪を食すことに成功!やった〜!初回は余りの長蛇の列に断念、2度目は午前中に訪れたら営業開始前(営業は正午から…)でまたまた断念、この日は20m程の列ができていたけれど並んでみたら15分程度で自分の番が回ってきた。
 折角並んだのでと注文したのは、紅豆双皮奶(9元)・原味奶酪(8元)・奶巻(10元)の3種類。双皮奶と奶酪は、やっぱりプリンみたいな味・食感だけれど、若干甘過ぎかな〜。この日のヒットは、順番が回ってきた時に一目惚れして衝動的に買ってしまった奶巻。チャイニーズグルマンの好物・四国銘菓“一六本舗のタルト”そっくりの外観なのだけれど、味はレアチーズケーキみたいな固めの酸味を帯びた白色部分と、黒色のコシ餡を組み合わせたお菓子。正に“中国チーズ”に相応しい味わい!世の中には、こういう出会いもあるのだね〜。感激で、もう胸一杯!

downラブもっと北京の最新情報を集める!桜
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
| natsumi | 番外食事体験 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://haochichina.jugem.jp/trackback/322