無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
司馬台長城◆塑E戮3連休の長城散策ならココ!〜
 司馬台長城は、池を挟んで西側と東側が開放されているらしいのだけれど、東側に登って行って、西側の長城は景色として鑑賞するというのが普通のパターン。到着したら、まずは早々に索道(リフト)に乗って、長城の麓まで一機に移動。往復50元・片道30元という料金設定だけれど、たとえ下りであっても、余程時間に余裕があって健脚でないと、ちょっと徒歩では無理な距離だろうな〜。まあ〜、移動のための乗り物と考えるよりも、のんびり景色を楽しむためのアトラクションと考えた方が良い…。そよ風に吹かれながらの片道20分弱の空中散歩は、満足度高くて絶対損はないはず!
 リフトを降りると、ここから更にケーブルカー(往復30元・片道20元)を利用して登ることもできるのだけれど、今度は徒歩での登山を選択。15分も登ると長城の上に出ることができて、そこから広がる大パノラマは、本当に胸をすきっとさせてくれるような雄大さで感動の一言。八達嶺長城や慕田峪長城よりも圧倒的に人が少ない分、静かな空間が広がって、鳥の囀りに思わずうっとり…。ここの特徴は、長城の両側に柵がないことで、それが開放感を高めてくれる一方で、986mの最高峰・望郷楼の方まで登って行く間も、膝が笑って足が縺れたら誤って落ちてしまいそうな感じ…。流石、「中国長城是世界之最、而司馬台長城又堪中国長城之最(中国の長城は世界で最高、司馬台長城は中国の長城の中でも最高)」と言われることだけのことはある。
 往復リフトを利用したこともあるけれど、距離とか勾配とかは八達嶺長城の方がきつかったかな〜、と思いながら下山して、3時間余りの散策を終えて14時20分頃には現地を出発して帰路につき、17時15分頃には地下鉄5号線磁器口駅の側でバスを降ろして貰って、この日の郊外散策は無事終了。価値ある週末の1日となった!

downラブもっと北京の最新情報を集める!桜
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
| natsumi | 日帰り郊外散策 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://haochichina.jugem.jp/trackback/317