無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
梅蘭芳故居〜ミニ・マイブーム・京劇〜
 2日連続の曇空に遂に痺れを切らして、徳勝門内大街と護国寺街の交差するところにある梅蘭芳故居まで外出。梅蘭芳が1951〜1961年の晩年の約10年間居住していた四合院造りの建物が故居として公開されていて、10元の入場料を払って中庭に進むことができる。
 居間・客間・寝室・書斎などが当時の様相のまま残されているほか、本人が描いたという絵画3点や、梅蘭芳の字“畹華”を宛名として斉白石や徐悲鴻が贈った絵が数点展示され、当時文化人同士の間で往来があったことが分かる。また、京劇の立ち居振る舞いが図解されていて、羞式(恥ずかしい)・思式(考える)・望式(遠くを見る)や盆・花瓶等の持ち方を示したポーズのルールが良く分かる。指・手の動きでも50以上の表現が可能なのだと…。
 実は、この日も外出前にDVDを1枚観賞。これまた陳凱歌監督が16年程前に撮った「さらば、わが愛 覇王別姫」という作品で、梅蘭芳をイメージして撮ったのではないかという話もある。日中戦争・解放戦争・文化大革命という時代の流れの中で、伝統芸術に携わった人々が大変な苦労をしていたことが鮮明に表現された作品で、数年ぶりに見て再び感動!
 故居を離れてからは、地下鉄2号線車公庄駅の真上にある梅蘭芳大劇場を下見、概ね毎週末には京劇が演じられているよう〜。場所も便利だし、やっぱり今度1度観劇に行ってみようっと!

 住所:西城区護国寺街9号 

downラブもっと北京の最新情報を集める!桜
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
| natsumi | 市内散策 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/04/25 12:08 AM posted by: natsumi
ユーヒーローさん、有難うございます。コメント頂けると励みになります。自由旅行素敵ですよね!それも一人旅なんて!中国に住んでいても、実際にはそんなに国内旅行をする機会は多くないので、羨ましいです。次回は何時頃、どこに登場されるご予定でしょう?記録、ブログに掲載して下さいね!
2009/04/23 9:25 PM posted by: ユーヒーロー
2週間前にブログデビューの中国に年3回自由気ままな一人旅をしている46歳・男子です。natsumiさんのブログ楽しく拝見ならびに参考にさせていただきます。今後もよろしくお願いします。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://haochichina.jugem.jp/trackback/289