無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
文天祥祠〜胡同の寄り道◆
 交道口南大街から府学胡同を東に入ったところにあるのが、南宋末期の軍人・政治家であった文天祥(1236〜1283年)を祭った祠。20歳で科挙の試験を状元(首席)で合格した文天祥は、宋が滅びんとする戦いの中で元に捕らえられ、何度も元に仕えるように勧誘されながらも最後まで宋を慕い裏切らず忠節を守り続けた結果、刑死した。この忠臣・忠節が評価されているのが、今でも「祠」が作られ尊敬されている理由。
 5元の参観料を払って四合院の中に入ると、中庭に文天祥が植えたと伝えられる古木が残り、南側に文天祥像を安置した小さな廟がある。小さな場所で、正直それ以上に特に何がある訳でもないので、序に立ち寄る程度で十分な場所。

 住居:東城区府学胡同63号

downラブもっと北京の最新情報を集める!桜
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
| natsumi | 市内散策 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://haochichina.jugem.jp/trackback/271