無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
東海海鮮酒家◆禅匆販鼠へのリベンジ!〜
 地下鉄10号線亮馬橋駅から徒歩2〜3分、麦子店の三全公寓向かい側にある広東料理+海鮮料理のお店・東海海鮮酒家をほぼ半年ぶりに訪問。目的は、先週末のリベンジとしての客家料理へのトライ!
 元々広東料理・四川料理が中心ということもあり、メニューにある客家料理の種類は20種類に満たない程度だったけれど、その中から2品を選択!1品目の客家黄酒煮鶏(70元)は、骨付き鶏肉と肉厚椎茸が濃厚な酒味のスープで煮込まれた料理で、生姜がよく効いていて美味しかった。もっともスープ自体は、薄味風に見えながらもかなり塩辛かったけれど…。そして2品目は、拍蒜面醤炆五花肉(55元)で、豚の腹部の赤みと脂身の交差部分を使った五花肉をベースに、いんげん豆・粒状の大蒜・人参・黄色ピーマン・大豆が使われ、生姜風味の醤油スープを煮詰めた濃い口料理。
 伝統的な客家料理は、保存のために乾燥させた食材を多く使い、エネルギーの高い炒め料理・塩辛い料理が多くて、ご飯との相性がぴったりということで、白飯を追加(それにしても1碗5元とは高くない?)。ある意味、酒の肴としても美味なのが、客家料理かも???
 今日もやっぱり全部は食べ切れなかったので、翌日の栄養補給用に食べ切れなかった料理は打包して、お持ち帰りに…。冬季に入り空気が乾燥して、且つ料理が塩辛い中で、プアール茶のポット5元はリーズナブルで、美味しく沢山飲めてグッドだった。10%のサービス料が掛かるけれど、リンゴ・ハミ瓜・桔子のフルーツプレートが付いてくるので、まあ〜いいか。御代150元弱というのは、やっぱり決して安くはないけれどね!

 住所:朝陽区麦子店街39号 筺6508-9933、6508-9966
  2008年5月25日 2008年12月6日

downラブもっと北京の最新情報を集める!桜
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
| natsumi | 中華料理 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://haochichina.jugem.jp/trackback/216