無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
永金面館〜超素朴なお店の炒めた猫耳!〜

言葉はちょっと悪いけれど、外見的にはかなり小汚い居酒屋が数軒固まって並ぶ一帯に店を構えた、これまた小汚い山西面料理のお店が永金面館。地下鉄10号線の亮馬橋駅から亮馬橋路を東に真っ直ぐ10分程歩いた左手、カナダインターナショナルスクールの正面辺りに位置する。

刀削麺の美味しいお店と聞かされて足を運んでみたのだけれど、店内に並ぶテーブルや椅子は確かに安っぽいけれど、この日の最初の夕食客ということなのか、店内は一応綺麗に掃除されていて好感が持てた。“晋”のマークが目印のこのお店で少々困ったのが、メニューが全て漢字のみで記載されていて、写真等が一切ないこと…。山西料理のメニューなど元々よく知らないだけに、文字だけ眺めていてもなかなか料理のイメージが浮かんでこない。頭に入ってくるのは、いわゆる家常菜的メニュー(宮爆鶏丁・木須肉・炒鶏蛋西紅柿・回鍋肉・魚香茄子など)ばかりで、昔、学食で良く見掛けた懐かしのメニューのオンパレード。最近の気取った流行レストランではすっかり見掛けなくなった素朴物。

まあ〜、そうは言っても折角山西料理のお店に来たのだからと、通称“猫耳”パスタと大蒜の芽・木耳・玉葱・玉子・豚肉を炒めた過油肉炒猫耳(15元)を一皿注文。有名な山西黒酢をベースに味付けられたこの料理はなかなかグッドだった。もう一方の料理は、土豆片栲栳栳(18元)で、こちらは薄平パスタとピーマン・ジャガイモ・長葱・唐辛子を一緒に炒めた料理。炒めたジャガイモの香ばしさは良かったけれど、2品ともに炒めパスタ料理となってしまったのは、メニュー選び上のミス。

ビール15元も追加して超のんびり!夜一杯飲んだ後でラーメン屋に立ち寄って小腹を膨らますノリで立ち寄るのも悪くないかもね!

| natsumi | 番外食事体験 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
文宇奶酪店〜“一目惚れ”に胸一杯!〜
 北京ならではの“宮廷奶酪”のお店として人気なのが、文宇奶酪店(住所:東城区南羅鼓巷49号)。地下鉄5号線の張自忠駅から徒歩圏内にある、若者・旅行者が集まる小物屋・喫茶店が沢山軒を連ねる小道にあるお菓子屋さん。
 前回、“中国チーズ”の奶酪を食したのは三元梅園。そして、今回、3度目の正直ということで、漸く文宇奶酪店で奶酪を食すことに成功!やった〜!初回は余りの長蛇の列に断念、2度目は午前中に訪れたら営業開始前(営業は正午から…)でまたまた断念、この日は20m程の列ができていたけれど並んでみたら15分程度で自分の番が回ってきた。
 折角並んだのでと注文したのは、紅豆双皮奶(9元)・原味奶酪(8元)・奶巻(10元)の3種類。双皮奶と奶酪は、やっぱりプリンみたいな味・食感だけれど、若干甘過ぎかな〜。この日のヒットは、順番が回ってきた時に一目惚れして衝動的に買ってしまった奶巻。チャイニーズグルマンの好物・四国銘菓“一六本舗のタルト”そっくりの外観なのだけれど、味はレアチーズケーキみたいな固めの酸味を帯びた白色部分と、黒色のコシ餡を組み合わせたお菓子。正に“中国チーズ”に相応しい味わい!世の中には、こういう出会いもあるのだね〜。感激で、もう胸一杯!

downラブもっと北京の最新情報を集める!桜
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
| natsumi | 番外食事体験 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
もう直ぐ端午節だね!〜トロトロ食感+自然の甘味〜
 鼎泰豊といえば、小籠包で断然有名だけれど、実はこのお店の粽子(ちまき)もかなり有名。端午節には“粽子”が欠かせないということで、まだちょっと早いけれど、鼎泰豊の粽子セットを購入してみた。6個96元(標準価格は106元)で、3種類×2個。添加物不使用・色素不使用の緑色食品をうたい文句にしていて、粽子を巻く竹葉・中身のもち米・握る技術にも拘りを持って、作った逸品なのだと…。
 それにしても、自宅には蒸し器もないし、購入したのは良いけれど、どうやって調理するのかな?とちょっと心配だったけれど、結局2個ずつビニールパックされた冷凍保存の状態で売られているので、食べる前に熱湯に入れて茹でるだけでOKということ…。3種類いずれも竹葉で包まれているので、中身は見えないしどれがどの種類だかどうやって区別するのかな?と心配する向きもあるかもしれないけれど、3種類の異なる色の糸で巻かれているので、大丈夫。
 で、今宵の夕食は、早速にその中の1種類・緑色の糸で巻かれた紫米蕃薯粽を食してみた。普段は取り扱っていない端午節限定の商品とのことで、40分の茹で時間(かなり長いね〜)を待ち遠しく感じながら、ワクワク・ドキドキ気分で過ごした!紫米(黒米)の中に蕩けるように柔らかくなったサツマイモが入った甘い味の粽子は、期待に反せず美味。特にサツマイモのトロトロした口当たりと自然な甘味は、成る程成る程というところ…。お茶と一緒に食すのが丁度良いお菓子的存在だな!紫米というのは、血管を保護して動脈硬化を予防し、発ガン抑制効果もあり、健康に良いということも売りなのだと…。
 さあ〜、残りの2種類はいつ食べようかな?それまで冷凍庫の中で静に待っていてね!

downラブもっと北京の最新情報を集める!桜
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
| natsumi | 番外食事体験 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
空飛ぶ御殿のクイック・ミール09 塑E戮魯妊ナー、ワインで乾杯!〜
 旧正月も終って間もなく1ヶ月、世の中は完全にビジネスモードにアクセルを入れ直して、エンジン全開。ということで、再び中国大陸を北に南に、東に西にと大忙しの日々が始まった。「やっぱり疲れるよね〜、移動の日々の連続は…」とご褒美で利用したのが、国航のファーストクラス。
 前回は朝食だったけれど、今回はディナーの時間帯…。料理自体は正直それ程でもなかったけれど、中国製でもワインが振舞われたのには感激で、思わず2杯目を御代わりしてしまって、完全に週末夕刻の出張帰りの小父さまモード…。羽田⇔伊丹便とかに乗ると、そもそもスーツ姿の小父さまが乗客の大半で異様な雰囲気、しかも夕刻便だと、500円でビール+おつまみを買い求める筋もパターン化している。
 まだまだ出張の日が続くと思うとちょっとうんざりだけれど、これからは春。飛行機に乗ってから置き場のなくなったコートが邪魔にならなくなるだけでも、多少の改善かな??? それにしても、最近世界的に飛行機絡みの事故が多いのは気になるところ…。勿論空気の乾燥する機内の密室では、鳥インフルエンザ感染リスクも高いだろうし…。やっぱり航空機での移動は、ストレス一杯!

downラブもっと北京の最新情報を集める!桜
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
| natsumi | 番外食事体験 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
空飛ぶ御殿のクイック・ミール〜行きはよいよい、帰りは何だ?後半〜
 一生懸命真面目に仕事をしても、その報いが良い形で到来するとは限らない。人生は厳しいのだ!出張先で眼一杯の予定を組み込んで、ギリギリで飛行場に到着して、予約していたフライトに何とか間に合ったところまでは、まあ〜良かった。が、そのフライトで空腹を満たすのに供されたディナーは、何とたった2切れの“三明治(サンドウイッチ)”だけ??? しかもパンはパサパサ…。
 時刻は夜の8時をちょっと過ぎたところで、確かにディナータイムには少々遅かったけれど、東方航空のこのサービスには思いっ切りがっかりさせられた…。これじゃー、サービス内容では競合路線との競争には勝てないだろうから、自ずと価格競争に突入するしかないか…。折角久し振りに東方航空を選んであげたのに、たとえ某日系航空会社のマイレージが加算されるとしても、やっぱり足は遠のくばかりだな!と、空腹が埋まらなかった腹いせもあって、イライラはつのるばかり…。
 厳しい経営状況が伝えられる東方航空だけれど、この分だとなかなか好転はしないかな?敢えて皮肉を込めて言えば、“空いている!”偶々だったかもしれないけれど、同じ時間帯の国航に比べて、確実に空いていた。そういう意味では、快適な空間の広がりの中でリラックスしたフライトが楽しめるかも…。

downラブもっと北京の最新情報を集める!桜
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
| natsumi | 番外食事体験 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
空飛ぶ御殿のクイック・ミール〜行きはよいよい、帰りは何だ?前半〜
 何度も飛行機に乗っていると色んなことがおこるものだけれど、それがいつも悪いことばかりとは限らない。航空会社のダブルブッキングという説明だったのだけれど、この日のフライトはアップグレードされて、ファーストクラス席に!やった〜、ラッキー!
 座席が広くて快適なのは勿論、搭乗したら直ぐに飲み物がガラスのコップに入れて供されるのもファーストクラスならではのサービス。でも、これはまだまだ序の口で、やっぱりクイック・ミールにも見事な違いがあった…。
 じゃあ〜ん、お食事の時間!食事用のテーブルを引き出すと、まずはアイロンがパリッと効いた純白のテーブルクロスが敷かれ、そこに食事プレートが運ばれてくる。食器は全部陶器で、餐具も全部金属で、これだけでも食事気分はちょっと盛り上がる。食事の内容自体は朝食ということもあって、エコノミークラスとの違いはベーコンが1枚余計に乗っている程度だったけれど…。あ〜、でも、そうそう、シリアル(所謂ケロッグ)が付いていたし、パンもクロワッサン・丸パン等数種類からチョイスできてその上お代わり自由だったし、カットフルーツも立派だったか…。やっぱり、グレードの高さを感じさせる内容だな!
 毎度ファーストクラスで出張できるようになるのは、自分が“老板(経営者)”になるしかないな〜。世の中に逆風が荒れ狂う今こそ、“起業”のチャンスかも!

downラブもっと北京の最新情報を集める!桜
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
| natsumi | 番外食事体験 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
空飛ぶ御殿のクイック・ミール〜出た〜、懐かしの本物の箱弁???〜
                                      

 年末真近の昼下がりのまったりとしたフライトで登場したのが、懐かしの“箱弁”。昔は極々当たり前だった紙の箱に入った機内食だけれど、最近は少なくともメイン路線で眼にしたことはなかったな〜。しかも、航空会社はお気に入りの国航だよ!
 じゃじゃーん。玉手箱のように大切に紙の箱を開けてみると、中から登場してきたのは、水・果物(ハミ瓜)・丸パン・バター、どう見ても食欲はそそられない。
 実際には、これに加えて“鶏肉飯”が別途配られたのだけれど、搭乗前にランチを済ませてあったこともあるし、夜は宴席も予定されていたので、一口二口ちょっこっと味見だけして終了。所謂厚揚げのような豆腐が中心で、鶏肉なんて入っていたかな?どうでも良いけれど…。
 それにしても、この日の機材はとても簡素な作りの超エコノミー・タイプ。普通、肘掛についているオーディオ用調整装置とかが全くなくて、放映されるニュースの音声は、天井に装着されているスピーカーから一方的に大音量で流されていた。流石に、最初の30分余りで放映は終了となったけれど、バスじゃないのだからちょっと勘弁してって感じ…。あ〜良かった、ナイトフライトじゃなくて!

downラブもっと北京の最新情報を集める!桜
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
| natsumi | 番外食事体験 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
空飛ぶ御殿のクイック・ミール〜飛行機の中もクリスマス!〜
 新暦の新年を前にしたこの時期は、中国系航空会社の飛行機の中でもクリスマス気分が味わえるのだ〜。搭乗時と着陸時には、機内にはクリスマスソングが明るく元気に流れ、スクリーンにはクリスマスツリーや橇を引くトナカイの映像が映し出されていた。クリスマス休暇を過ごした帰りなのか、金髪の欧米人のカップルが、楽しそうにリズムをとりながらハミングしているのが微笑ましかった。
 まあ〜、そういう環境の中においても、所詮は中国系航空会社なので、食事はやっぱり“牛肉麺”。付け合わせにサラダはあるものの、残りはピリ辛ザーサイだったりして…。
 でも、良く見ると、このフライトは元々国際線仕様なのだな〜。座席前の冊子入れの中には、しっかり免税品用パンフレットが入っていたのがその証拠。純ドメスティック便だったら、こうは行かないだろうな〜。“旧正月を祝う伝統のある中国で、欧米から来た商業主義に流されることはない!”という考え方もあるだろうし、“楽しいイベントは幾つあっても良い訳でツベコベ言うことはない!という考え方もあるだろう。いずれにしても、今日見た欧米人のカップルは可愛かったな〜。羨ましい!!!

downラブもっと北京の最新情報を集める!桜
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
| natsumi | 番外食事体験 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
空飛ぶ御殿のクイック・ミール─礎羃敝早餐+α〜
 冬至の今日は、この冬2回目の寒波に見舞われて超寒!最高気温が氷点下7〜8度??? 寒さに負けて流石に最近活動力が鈍ってきているかな〜。運動も、ジムでのウォーキング・ランニング・スイミング等の室内活動に偏ってしまっているしな〜。
 そういう厳しい環境の中でも、何故か出張の予定だけは、余り間隔を置かずに確実に入ってきて、この日も国航の朝便での移動となって、空飛ぶ御殿のご飯はブレックファースト。国航のブレックファーストは、洋風と中華風からのチョイスとなるのだけれど、今回は中華風を注文。熱々のお粥にザーサイを入れてパクパク、アクセントは醤油煮玉子。あとは中華風とも言えないけれど、餡パンとフルーツポンチで完食!
 これで終わりと思っていたら、キャビンアテンダントがお代わりの配布にきたので、思わず、本当に思わず、“炒鶏蛋(洋食)”と言ってしまって、スクランブルエッグ・ソーセージ・ベイクドトマト・ハッシュドトマト・ブロッコリーを再びパクパク…。機内食でお代わりできるのは、やっぱり中国ならではのことかな??? でも、チャイニーズグルマンのダイエット目標はどこに行ったの?

downラブもっと北京の最新情報を集める!桜
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
| natsumi | 番外食事体験 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
空飛ぶ御殿のクイック・ミールА船妊ナータイムの食べ比べ!〜
 思えば最近のフライトはずっと国航、即ち中国国際航空ばかりに搭乗していたな〜。ということで、この夜は上航(上海航空)に乗って食べ比べ??? 国航と上航は、同じスターアライアンスに属しているので、利用し易い関係にはある…。
 時間帯は、日本的に言えば往復ともにディナータイム。が、中国的に言えば、6時台に離陸するフライトと7時台に離陸するフライトでは微妙に区別があるのか?それとも単に気まぐれか??? 結論から言えば、6時台に乗った往路では、猪肉面(一方の選択は、牛肉飯)という立派(?)なメインがあったのに、7時台に乗った帰路にはこれがなかった。そうなのだ!中国国内でのフライトで困るのは、やっぱりこの機内食の内容が予め読めないところ…。空腹のまま慌てて搭乗して、メインが出ないとイライラするし、その逆にしっかり食事を済ませてから搭乗して、しっかりしたメインが出てくると、何となく損した気分になる。まあ〜、猪肉面自体、そんなに美味しい物でもないので、お腹の足しになるかどうかだけの意味しかないのだけれどね。
 そうそう、乗ってから思い出したのだけれど、上航の機内食って、ちょっと豪華かもしれないけれど、でも確実に昔風のあの懐かしい“箱弁”の香を残しているのだった。餡パン・果物は良いとして、ザー菜・牛肉干・胡桃・豆腐干・裂きイカ・落花生と来ると結構笑える…。正にお茶菓子という感覚なのだろうな〜。
downラブもっと北京の最新情報を集める!桜
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
| natsumi | 番外食事体験 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |